序
いなとこたへよ      嶺の松風 我を世に   ありやと問はば         信濃なる

(写真は長野県大鹿村の信濃宮にある歌碑)

我のことをまだ生きているのかと尋ねられたら、
信濃の伊奈で・・・
・・・否々、もうこの世には否いと答えよ、峰の松風

(宗良親王 李花集)





以下のランキングバナーを読者の方がクリックすると、この小説に票を投じたこと
となります。 お気に召しましたら是非クリックを御願いします(各章末にありあます)






Copyright(c) 2017. Gigagulin (偽我愚林)

第二部目次 (甲府・ 東山道編)

    
  

    
  
  
  

  




第一部目次 (上越高田  篠島編)



    
 
   


    

   
   
    
HOME    NOVEL    BEER    LINK    MIKADOI INDEX