HOME    NOVEL    BEER    LINK   HOP5

   

5.ホップの経年変化

ホップの蔓は毎年12月にはすっかり枯れてしまいますが、実は多年性植物です。
苗を植えつけた初年度はリゾーム(根茎、地下茎の一種)が形成されておらず
蔓も弱々しく毬花(コーン)の収量も少ないものです。しかし、、リゾームが形成
され、翌年の春にはまたリゾームから複数の芽がでます。リゾームは地下で経年
で成長するので芽の数は年々増えて行きます。そんな様子をこのページではの
写真で追ってみました。品種はカイコガネです。

                              全ての写真はクリックで拡大します。ブラウザの戻るでお戻り下さい
経年 GW頃 5月末-6月初 7月中旬 7月下旬以降
毬花(コーン)
2002年
苗植え付け初年

植えたばかりの苗

トレリスにナントカ到達

蔓は細く葉は小さい

それでもコーンは立派
2003年
2004年  
2005年
リゾームが大きくなり
芽が出る本数が増えました
     
コーンもたくさんできます
2006年       
2007年        
2008年         
2009年      
2010年       
8/1の状態です
2011年  
5/1
 
2012年    
2013年  
記録的極暑です
2014年      
2015年      
8/7まで8日間連続
真夏日。以降、雨多い
2016年    
2017年      

 




Copyright(c) 2018. Gigagulin (偽我愚林)